おすすめの資産運用無料講座はこちら >>

米国株の管理はグーグルスプレッドシートが便利!!

グーグルスプレッドシートには便利な機能があったんです!
知った時、超便利〜♪とビックリしました。

手数料が1番安くて
\定期買付もできてとても便利/


合わせて読みたい

目次

米国株の管理はグーグルスプレッドシートが便利

米国株の管理はグーグルスプレッドシートが便利です。
グーグルスプレッドシートはエクセルみたいなものなので、表形式でまとめたい時に最適だと思います。

また、グーグルスプレッドシートはアプリもでているので、スマホでの閲覧もできるし、編集もできます。いつでも、どこからでも株の管理ができるということで、エクセルより便利じゃない!と思いビックリしました。

グーグルファイナンス関数が本当に便利!!

そして、ここからが本題です!!
グーグルスプレッドシートには、グーグルファイナンス関数を使うと自動的に株価情報をひっぱってくることができるのです。
現時点の株の価格を自動的に反映してくれるんです!!すごくないですか!?

\サイトを見たい方はこちら/

これだけの情報を自動的に反映してくれるのです。
使い方は、スプレッドシートの1マスに =GoogleFinance(“ティッカー入れる”, “price”) などと入れると、指定したティッカーの価格を自動的に出してくれます。

もし「前日の終値」を出したい場合は、”price”を”closeyest”にすると出せます。
“price”となっている部分を変更することで、自分の知りたい情報を出すことができます。

価格をいちいち調べなくていいというのはうれしいですね。

現在の米ドルのレートを出したい時は
=GOOGLEFINANCE(“usdjpy”)
という関数を入れておくとだすことができます。

まとめ

自分でいちいち株価を入力し直さなくていいというのは、本当に便利です。
ぜひ、みなさんもグーグルスプレッドシートでグーグルファイナンス関数を使って、米国株の管理をしてみてください♪
手間が減りますよ〜!!

手数料が1番安くて
\定期買付もできてとても便利/

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

つみたてNISA、イデコ、投資信託、米国株など比較的安全で時間をかけて資産を増やす投資を紹介しています。
クロス取引にもハマっているので、優待タダ取りつなぎ売りや株主優待についても紹介しています。
最近は仮想通貨のエアドロ活動も始めたので、エアドロ情報も更新していきます!

2021年5月にFP2級合格しました😄

目次