しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

ウェルスナビ (WealthNavi)

ウェルスナビのリスク許容度を比較

更新日:

投資初心者
ウェルスナビのリスク許容度について知りたい。無料診断ででてきたリスク許容度で運用していいの?どのリスク許容度がリターンが高いんだろう?どのリスク許容度が一番損失が少ないんだろう?ウェルスナビのリスク許容度について詳しく教えてください

こういった疑問に答えます。

ウェルスナビ(WealthNavi)を始める時に、無料診断をすると、その人にあったポートフォリオを提案してくれますよね。

しかし、そのまま投資を始めてもいいですが、ウェルスナビのリスク許容度は自分で選ぶこともできます。

自分で選ぶとしたら、どのリスク許容度が一番リターンが高いのかな?とか、どのリスク許容度が一番リスクが低いのかなと疑問に思うでしょう。

そんなわけで、今回はウェルスナビのリスク許容度別にリターンの高さとリスクの低さをまとめました。

結論をいいますと、一番リターンが高いのはウェルスナビのリスク許容度4で、一番リスクが低いのはリスク許容度1です。

ウェルスナビで儲けたい人はリスク許容度4を選び、なるべく損失を出したくない人はリスク許容度1を選ぶことをおすすめします。

それでは、ウェルスナビのリスク許容度を詳しく解説していきます!

\無料診断は1分で完了しますよ/

おすすめの簡単にできる資産運用

  • Funds :利回り1.5%〜6%くらいで分配金がもらえます。1円から投資できますので、少額からの投資をしたい人向き。
  • オーナーズブック :3ヶ月に1回分配金がもらえるので収入を増やしたい人におすすめ。1万円から投資でき、利回り4〜5%くらい。

ウェルスナビのリスク許容度を比較

ウェルスナビのリスク許容度は1~5まであり、数字が大きくなるにつれてリスクが高くなりますがその分リターンも高いです。

今回は、初期投資額200万で毎月の積立1万円がある場合と、初期投資200万だけの場合で30年運用した時のウェルスナビのリスク許容度別に比較してみます。

ウェルスナビの無料診断 ででくるシュミレーションを元に集計しました。

ウェルスナビのリスク許容度を比較:初期投資額200万だけの場合

ウェルスナビのリスク許容度 1番含み損が多い時の% 1番リターンが高い時の%
5 -49.2% +69.5%
4 -45.8% +72.9%
3 -40.25% +69.15%
2 -34.65% +66.05%
1 -28.75% +54.65%

初期投資額200万だけで30年運用した場合でウェルスナビのリスク許容度を比較した場合

  • 一番リターンが高いのはリスク許容度4
  • 一番リスクが低いのはリスク許容度1

ということが判明しました!

ウェルスナビのリスク許容度を比較:初期投資額200万+毎月の積立1万円だけの場合

ウェルスナビのリスク許容度 1番含み損が多い時の% 1番リターンが高い時の%
5 -48.1% +73.13%
4 -44.74% +73.56%
3 -39.95% +68.22%
2 -34.01% +63.57%
1 -28.21% +49.59%

初期投資額200万+毎月1万円積立投資して30年運用した場合でウェルスナビのリスク許容度を比較した場合

  • 一番リターンが高いのはリスク許容度4
  • 一番リスクが低いのはリスク許容度1

ということが判明しました!

ウェルスナビのリスク許容度を比較のまとめ

積立がある場合・積立がない場合と両方とも、リターンが高いウェルスナビのリスク許容度はリスク許容度4ということが判明しました!!

また、リスクが低いウェルスナビのリスク許容度は予想通り1でした。

意外ですよね!リスク許容度が高い=リターンも高いというイメージでしたが、実際は違ったようです。

ウェルスナビでリターンを最大にしたい場合はウェルスナビのリスク許容度は4を選びましょう!

また、積立投資をした方がリターンも高くなり、リスクも低くなっていますので、積立も出来るのであればしていたほうがいいと思います。

ウェルスナビのポートフォリオ比較

ウェルスナビのリスク許容度の4と5を比較してみたところ、リスク許容度5の方が日欧株(VEA)新興国株(VWO)が多めになり、米国債権(AGG)の割合が少なくなっています。

そのへんがリターンに影響しているのかもしれませんね。

※今回のリターンとリスクに関しては、ウェルスナビの無料診断 ででくるシュミレーションを元に集計しました。
しかし、ウェルスナビにある「WealthNaviの運用実績」というページのリターンを見てみると、リスク許容度5が1番リターンが高いです。

ウェルスナビのリスク許容度の変更のやり方

ウェルスナビのリスク許容度の変更

ウェルスナビのリスク許容度の変更はいつでも可能です。

ウェルスナビのマイページのメニューのナビゲーションから設定を変えることができます。

  1. ヘッダーメニューの【ナビゲーション】をクリック
  2. 運用プラン診断結果のページへいきますので、真ん中にある【詳細設定】というボタンをクリック
  3. 自分の納得できるポートフォリオにできたら【プランを決定】ボタンを押す

でも頻繁にリスク許容度を変更すると、かえって損する場合もあるのであまりやらない方がいいですよ!

リスク許容度については、いつでも変更いただけますが、ご自身の状況の変化などに応じて年に1回程度の再診断をしていただくほかは、リスク許容度の変更は基本的に行わないことを推奨しております。 マーケット環境の変化などに応じた頻繁なリスク許容度変更(資産配分比率の変更)は、かえってパフォーマンスの低下につながる可能性もありますのでご注意ください。

私は運用始めてから1回リスク許容度の変更しましたが、次の日マイナスになってました。

変更しない方がよかったなーとちょっと後悔しました。

ウェルスナビのリスク許容度を比較【まとめ】のまとめ

ウェルスナビのリスク許容度

ウェルスナビのリスク許容度で一番リターンが高いリスク許容度は4で、リスクが低いリスク許容度は1ということがわかりました。

ウェルスナビのリスク許容度の選び方はウェルスナビの無料診断をして表示されたリスク許容度を選べばいいのではないかと思いますが、自分で選びたい人は、ウェルスナビでリターンを高くしたい場合はリスク許容度4を選びましょう!

どんなときでもなるべく損失は出しなくないという方ばリスク許容度1を選ぶをいいでしょう。

ぜひこの機会に、ウェルスナビで無料診断してみてくださいね!

\無料診断は1分で完了しますよ/

おすすめの簡単にできる資産運用

  • Funds :利回り1.5%〜6%くらいで分配金がもらえます。1円から投資できますので、少額からの投資をしたい人向き。
  • オーナーズブック :3ヶ月に1回分配金がもらえるので収入を増やしたい人におすすめ。1万円から投資でき、利回り4〜5%くらい。
ウェルスナビ初心者におすすめの記事です

合わせて読みたい

-ウェルスナビ (WealthNavi)

Copyright© しゅふろぐ , 2019 All Rights Reserved.