しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

投資信託

投資信託・ファンドの銘柄の選び方【初心者向け】

更新日:

投資信託の選び方
投資初心者
投資信託を購入したいけど、どのファンドの銘柄を購入したらいいかわからない!

そんな悩みを持つ人は多いと思います。

私も初心者の時、投資信託いっぱいありすぎて、どの投資信託の銘柄がいいのか全然わからないな〜と思っていました。

投資信託の銘柄の選び方は簡単にまとめると以下の4つです。

この記事でわかること

  1. 信託報酬の安い投資信託を選ぶ
  2. 購入時手数料の安いネット証券で購入する
  3. 過去の成績で選ばない
  4. 毎月分配型の投資信託は選ばない

そんなわけで、今回は投資初心者の方向けに投資信託の銘柄の選び方を解説したいと思います。

最後にもおすすめの投資信託の銘柄も3つ選びましたので、投資信託を購入する際の参考にでもしてください。

おすすめの簡単にできる資産運用

  • ワンタップバイ 1,000円から株へ投資できるアプリです。日本の企業はもちろん、米国株もあるので、アマゾンやアップル、マイクロソフトなど今勢いのある米国企業の株も3タップで簡単に投資できるので、めちゃめちゃおすすめです。

本で投資信託・ファンドの銘柄の選び方を学ぶ

投資信託を始めるにあたって、とてもおすすめの本があります。

それがこの「お金は寝かせて増やしなさい」という本です。

インデックス投資(投資信託)について基礎から学べる本で、投資信託の銘柄の選び方が詳しく書いてあります。

資産配分の決め方や、おすすめの投資信託一覧もあるので、実際に購入する時にどの投資信託の銘柄を購入するかを簡単に決めることができますよ。

この本のレビュー記事もありますので、興味がある方はご覧ください。

「お金は寝かせて増やしなさい」の本についてのレビューや本の要約などをまとめています。

関連記事 お金は寝かせて増やしなさい【書評】

投資信託・ファンドの銘柄の選び方

投資信託の銘柄の選び方のポイントをまとめました。

損しないための投資信託の銘柄の選び方は以下の通り。

投資信託の銘柄の選び方

  • 信託報酬の安い投資信託を選ぶ
  • 購入時手数料の安いネット証券で購入する
  • 過去の成績で選ばない
  • 毎月分配型の投資信託は選ばない

なぜ上記の点が重要なのかを解説したいと思います。

信託報酬の安い投資信託の銘柄を選ぶ

信託報酬とは定期的に払う維持費のことです。

投資信託ごとに年率◯%と手数料が決まっていて、それを日割りでずっと払い続けることになります。

もし信託報酬が1%で投資金額が100万の場合、毎年1万円支払うということなので結構な金額になります。

そのため、信託報酬は安い投資信託を選ぶことが大切です。

購入時手数料の安いネット証券で購入する

購入時の手数料も安いにこしたことはないです。

買うときにかかる手数料の販売手数料が安いのはネット証券なので、投資信託を買うときはなるべくネット証券で購入をしましょう。

» ネット証券なら楽天カードで積立するとポイントも貯まる楽天証券がおすすめです。

過去の成績で選ばない

プロが運用する投資信託でも、過去の上がった下がったの実績はあてにしないほうがいいです。

いままで上がっていたからといって、これからも上がるかは誰にもわかりません。

そのため、過去の成績がいいからという理由だけでは買わない方がいいでしょう。

毎月分配型の投資信託・ファンドは選ばない

毎月分配型の投資信託は絶対やめましょう。

分配金が振り込まれると分配されるごとに20%の税金が取られます。

それに、毎月分配型の投資信託は信託報酬がとても高いことが多いです。

不利になることが多いので、毎月分配型の投資信託は選ばないことが大切です。

おすすめの投資信託・ファンドの銘柄

具体的な投資信託の銘柄名で教えて欲しい!という方のために、上記の投資信託の選び方を考慮しておすすめの投資信託の銘柄を選んでみました!

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

どれも「投資信託の銘柄の選び方」の条件を満たしていますし、有名な投資信託ですし、楽天証券のランキング でも上位にきていますので安心して投資できると思います。

ひとつづつ詳しく解説したいと思います。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

この投資信託は全米の企業にまるっと投資できます。

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」という有名なETFがあるのですが、そのETFに投資する投資信託です。

信託報酬は0.1696%となっています。

米国の企業に投資したいのであればおすすめです!

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

この投資信託は全米の企業にまるっと投資できます。

「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」という有名なETFがあるのですが、そのETFに投資する投資信託です。

信託報酬は0.2296%となっています。

1つの投資信託で全世界に地域分散ができるので、手間がかからずおすすめです。

eMAXIS slim 先進国株式インデックス

この投資信託は日本を除く先進国に投資できます。

「MSCIコクサイ インデックス」と連動している投資信託です。

信託報酬は0.11772%となっています。

eMAXIS slimシリーズは低コストにこだわっているらしく、信託報酬が低いものが多いのでおすすめです。

投資信託を学ぶためのおすすめの本「お金は寝かせて増やしなさい」の中でも、おすすめの投資信託の3本の中に入っていました。

自分で投資信託の銘柄を選ぶのが面倒くさい方は・・・

自分で投資信託の銘柄を選んだり、購入するのが面倒という方にはロボアドバイザーがおすすめです。

ロボアドバイザーとはパソコンやスマホの画面上からいくつかの質問に答えることにより、自分に最適な資産運用の資産の組み合わせ(ポートフォリオ)を作ってもらえ、運用も自動で行ってくれます。

パソコンやスマホから簡単な質問に答えるだけなので、投資とかよくわからないよーという方でも手軽に始めることができます。

ロボアドバイザーで有名なのは ウェルスナビ です。

ウェルスナビの運用実績

私もウェルスナビで約10万円運用中です。

» ウェルスナビの運用実績のまとめ【実体験のレビューも】

私がウェルスナビで投資してから数日後に暴落が起こったため、損失がでたのですが最近回復してきています。

ロボアドバイザーは投資信託の運用ではなく、ETF(金融商品取引所で取引される投資信託)による運用ですが、入金するだけで全世界に分散投資して、資産配分も考えてくれ、購入もしてくれるので、忙しい人や面倒くさい方にはおすすめの投資方法です。

興味のある方は運用プランを診断してみてはどうでしょうか?無料ですよ!

\無料診断は1分で完了しますよ/

投資信託・ファンドの銘柄の選び方【初心者向け】のまとめ

投資信託の選び方

まとめると、投資信託の銘柄を選ぶ時はとにかく手数料が安い投資信託を選びましょう!ということです。

長期投資を前提としているので、ずっと保有するので手数料が少し違うだけで、将来的な金額差がでてきます。

損をしないためにも、手数料が安いものを選ぶのが一番ですね!

実際に投資信託の銘柄を購入する方法については「楽天証券での投資信託の買い方【画像つきで詳しく解説】」で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

合わせて読みたい

投資信託の関連記事です

合わせて読みたい

-投資信託

Copyright© しゅふろぐ , 2020 All Rights Reserved.