しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

つみたてNISA

積立NISAと一般NISAをわかりやすく比較【一瞬で理解できる】

更新日:

つみたてNISAとNISA
投資初心者
つみたてNISAとNISAと2種類あるけどどちらで始めるのがいいのだろう?積立NISAと一般NISAを比較して検討したいな。

こういった疑問に答えます。

NISA制度には「つみたてNISA」と「NISA」の2種類があります。

2つ種類があるとどちらを選べばいいのかわからなくなりますよね。

そんなわけで、今回は積立NISAと一般NISAをわかりやすく比較してまとめました。

これからNISAを始めようと思っている方は参考にしてみてくださいね。

\楽天カードで投資信託が買える/

楽天証券

口座開設費・維持費はかかりません

おすすめの簡単にできる資産運用

  • Funds :利回り1.5%〜6%くらいで分配金がもらえます。1円から投資できますので、少額からの投資をしたい人向き。
  • オーナーズブック :3ヶ月に1回分配金がもらえるので収入を増やしたい人におすすめ。1万円から投資でき、利回り4〜5%くらい。

積立NISAと一般NISAの違いを比較

積立NISAと一般NISAの違いをわかりやすく表にして比較してみました。

一般NISA つみたてNISA
年間拠出額 120万円 40万円
非課税期間 5年間 20年間
非課税枠 600万円 800万円
投資可能商品 株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)、国内・海外REIT、新株予約権付社債(ワラント債)など 対象の投資信託
ロールオーバー できる できない
制限 特になし 特になし
税制上のメリット 運用益が非課税 運用益が非課税

それでは積立NISAと一般NISAの違いを詳しく比較していきましょう。

積立NISAと一般NISAは1年間にできる投資金額が違う

積立NISAは1年間に投資できる金額が40万ですが、一般NISAの場合は年間120万円まで投資できます。

1年間に沢山投資したい!という方は一般NISAの方がよいですね。

積立NISAと一般NISAは非課税期間が違う

積立NISAは非課税期間が20年間あります。

しかし一般NISAの場合は5年と短めです。

しかし一般NISAの場合は非課税期間が終わるとロールオーバーすることができ、さらに5年間非課税で運用することができます。

そのため一般NISAではロールオーバーすれば10年間非課税で運用することができます。

ロールオーバーとは

非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移行(移管)することができます。

この移管のことを「ロールオーバー」と呼んでいます。

ロールオーバー可能な金額に上限はなく、時価が120万円を超過している場合も、そのすべてを翌年の非課税投資枠に移すことができます。

積立NISAと一般NISAは非課税枠が違う

積立NISAの非課税枠は年40万円×20年間で800万円です。

一般NISAは年120万×5年間なので600万円になります。

総投資額ですと積立NISAの方が投資できますね。

積立NISAと一般NISAは投資可能商品が違う

積立NISAで投資できる商品は、一定の基準に合格した投資信託・ETFのみです。

一方で一般NISAで投資できる商品は株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN(上場投資証券)、国内・海外REIT、新株予約権付社債(ワラント債)です。

投資できる商品で考えると一般NISAの方が充実していますね。

「これに投資したい!」という希望がある方は一般NISAの方が向いていると言えるでしょう。

積立NISAと一般NISAは投資の仕方が違う

積立NISAは「つみたて」とついているくらいなので、積立しながら投資をしていかなくてはいけません。

積立NISAでは頻度と金額を決めて積立設定をします。

しかし一般NISAでは一括で購入もできますし、積立しながら投資することも可能です。

頻度を決めないで積立以外で金融商品を購入したい人には一般NISAの方がおすすめですね。

積立NISAはロールオーバーできないが一般NISAはロールオーバー可能

一般NISAでは非課税期間の5年間が過ぎたあと、ロールオーバーをすればさらに5年間非課税期間を延ばすことができます。

しかし、積立NISAにはロールオーバーがないでので、非課税期間は20年間のままです。

積立NISAと一般NISAの共通点

積立NISAと一般NISAの手数料は同じ

積立NISAも一般NISAも口座開設費や口座開設維持費などはかかりません。

ただ投資する商品によって、売買手数料は変わってきますので、売買手数料は詳しく確認した方がいいと思います。

積立NISAと一般NISAも資金の引き出しは自由にできる

積立NISAも一般NISAも途中で資金が必要になり、引出したくなったら売却して自由に引き出すことができます。

引出しが自由にできるのはイザという時に頼りになりますよね。

しゅふ
イデコは60歳まで引き出しができませんので、イデコとくらべると積立NISAも一般NISAも引き出しに関しては自由度が高いですね。

積立NISAと一般NISAの使い分け・どちらを選ぶ?

投資初心者
積立NISAと一般NISAどちらを選べばいいのだろう?

と悩む方も多いと思います。

私の考えだと

  • 基本は積立NISA
  • 投資信託以外に投資したい人、または年間40万以上投資したい人は一般NISA

というのがおすすめです。

積立NISAは投資できる金融商品が限られてますので、投資信託以外に投資したければ必然的に一般NISAとなると思います。

投資初心者や投資する商品にこだわりがなければ「積立NISA」がいいと思います。

「長期で積立」という積立NISAの方針に従って資産運用すれば損する可能性は低いと思うからです。

その理由に関しては「投資初心者のための資産を増やす投資の3原則|守りの資産運用」の記事を参考にしてみてください。

投資初心者のための資産を増やす投資の3原則|守りの資産運用

投資初心者投資を始めたいけど、お金が減りそうでこわい!損しないためのルールってあるのかな? 「投資したいけど損はしなくない!」という投資初心者の方に向けて書いています。 投資をやりたいと思っても初心者 ...

続きを見る

積立NISAが向いている人

  • 投資初心者
  • 少額から始めたい
  • 年間に投資できる金額が少ない
  • 時間をかけて積立でコツコツ投資したい人

一般NISAでも積立投資はできますが非課税期間が短いので、長期間をかけてコツコツと積立ながら投資したい人には「積立NISA」がおすすめです。

積立NISAの特徴

積立NISAとは、毎月コツコツ長期で積み立てるのが目的の制度です。

通常NISAは年間120万まで5年間非課税ですが、積立NISAの場合は1年間に40万までの投資に対する利益が20年間非課税になります。

最初は通常NISAからスタートしました。しかし始まってみると利用者は大半が50代以上の年配の方でした。

政府は20代・30代・40代の若い世代に資産運用を広めていきたいという想いがあったので、資産運用をするお金を十分に用意できなくても投資が始められるように「少額でコツコツと積立をする」積立NISAの制度が誕生しました。

積立NISAについてもっと知りたい方は「積立NISAとはどんな制度?積立NISAの全てをわかりやすく解説【絶対に利用すべき】」の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

つみたてNISA
つみたてNISAとはどんな制度?積立NISAの全てをわかりやすく解説【絶対に利用すべき】

投資初心者つみたてNISAを始めてみたいけど、そもそもつみたてNISAってどんな制度なの?つみたてNISAのメリット、デメリットや始め方など、つみたてNISAについてわかりやすく教えてください。 こう ...

続きを見る

積立NISAのメリット・デメリット

積立NISAのメリットとデメリットをまとめると以下になります。

メリット

  • 利益に対しての税金がゼロになる
  • 確定申告をしなくていい
  • 2037年まで投資可能

デメリット

  • 元本割れの可能性がある
  • 積立NISA対象の金融商品が限定されていてる
  • 年間の投資金額が少ない
  • 損益通算できない
  • 繰越控除できない
  • 非課税期間が期限付き
  • 積み立てた資金が所得控除の対象ではない

最大のメリットは何回も言っているとおりで「利益に対しての税金がゼロになる」ことですね。

普通投資で得た利益には20%の税金が引かれてしまうのですが、積立NISA口座で運用して得た利益に対しては税金がかかりません。

積立NISAを利用するのとしないのとで受け取る金額に差がでる

上記の図のように、20%を税金で引かれるのと、引かれないのとでは最終的に手元に残る金額にかなりの差が生まれます。

しゅふ
そのため資産運用でできるだけ資産を増やしたい!という方はNISA制度は絶対に利用した方がいいと思いますよ!

積立NISAのデメリットはいくつかありますが、税金がゼロになるというメリットに比べたら、あまり大したことがないと思います。

とはいえ、始める前に積立NISAのデメリットについても知っておいた方が安心して投資できると思いますので、デメリットについてもっと知りたい方は「つみたてNISA(積立NISA)の7つのデメリットと注意点をわかりやすく解説【始める前に確認必須】」の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

つみたてNISA(積立NISA)のデメリット
つみたてNISA(積立NISA)の7つのデメリットと注意点をわかりやすく解説【始める前に確認必須】

投資初心者つみたてNISAを始めてみようかと思うけど、積立NISAにデメリットはあるのかな?積み立てNISAのデメリットについて詳しく知りたいな。 こういった疑問に答えます。 私は初心者が資産運用を始 ...

続きを見る

一般NISAが向いている人

  • 株式投資をしたい人
  • 年間40万円以上投資したい人
  • 投資経験者で色々な金融商品の中から選びたい人
  • 自分の好きなタイミングで購入したい人

一般NISAは積立NISAよりも選択の幅が広いので、資産運用経験者で自分で投資商品を選びたい人にはおすすめです。

また年間120万円まで投資できますので、年間に投資できる金額が多い人にもおすすめですね。

一般NISAの特徴

NISAとは、2014年1月にスタートした「個人投資家のための税制優遇制度」です。

NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

一般NISAは年間120万円まで非課税投資枠が設定されていますが、120万円ピッタリ投資しなくても大丈夫です。

たとえ1万や10万といった少額でも一般NISAで投資できますので、一般NISAで投資したければこちらを選んでも大丈夫です。

一般NISAのメリット・デメリット

メリット

  • 投資できる金融商品が色々ある
  • 年間120万円投資できる
  • 利益に対しての税金がゼロになる
  • 確定申告をしなくていい

デメリット

  • 2023年までしか投資できない
  • 元本割れの可能性がある
  • 投資できる金融商品が色々あるので、初心者には選びにくい
  • 損益通算できない
  • 繰越控除できない
  • 非課税期間が期限付き
  • 積み立てた資金が所得控除の対象ではない

一般NISAのメリットやデメリットを見てみると、やはり「一般NISAは資産運用経験者向け」ということです。

資産運用をしたことがありなれている方は一般NISAがおすすめです。

反対に資産運用初心者の方が一般NISAにしても、活用しきれない可能性もありますので、初心者の方は積立NISAを選択する方がいいのかなと思います。

積立NISAと一般NISAの併用はできない

積立NISAと一般NISAの併用はできません。

積立NISA⇔一般NISAの変更はできますので、どうしても変更したい場合は手続きしましょう。

とはいえ、手続きには手間もかかります。

特に一般NISAで運用していてロールオーバーをする時には同じ金融機関でないとロールオーバーできないという決まりがあるので、頻繁に口座を変更することはおすすめできません。

なるべく同じ金融機関で、おなじ口座で取引を続けるのがいいと思いますよ。

そのため口座開設する時にしっかりと考えてきめましょう。

もしまだ積立NISAを始めていないのであれば、積立NISAの口座は 楽天証券 がおすすめです。

楽天証券でしたら 楽天カード で投資信託を購入することができ、投資信託を購入しても購入金額の1%の楽天ポイントをもらうことができます。

これはリターンが1%増えるのと同じことですから、非常にお得です。

私もこの制度が始まってからSBI証券から 楽天証券 に積立NISAの口座を変更しました。

口座開設は少し面倒かもしれませんが、ノーリスクでリターンを増やせるのだから、これを利用しないともったいないです!

まだ積立NISAの証券会社を持っていない方はこの機会に 楽天証券 で口座開設してみましょう!

公式 楽天証券公式サイト

楽天証券と他の証券会社の比較はこちらの記事を参考にしてみてください。

参考 【つみたてNISA】証券会社を比較

\楽天カードで投資信託が買える/

楽天証券

口座開設費・維持費はかかりません

まとめ:資産運用初心者は積立NISA、経験者は一般NISAがおすすめ

つみたてNISAとNISA

積立NISAと一般NISAを比較した結果、どちらを選ぶかの判断基準をまとめると以下になります。

  • 投資初心者はつみたてNISA
  • 投資経験者一般NISA
  • 年間投資額が40万以下ならつみたてNISA、40万以上なら一般NISA
  • 投資信託以外で投資したければ一般NISA、投資信託の購入でOKならつみたてNISA
  • 長期でコツコツ積立するならつみたてNISA、購入タイミングは自分で選びたいなら一般NISA

こういったチェック項目から、自分にはどちらの制度が合っているのかを考えて決めるといいですね。

口座の変更はできますが、手間もかかりますし、ロールオーバーで困るかもしれませんので、始める前にしっかりと考えてあまり変更しなくてもすむようにしましょう!

おすすめの簡単にできる資産運用

  • Funds :利回り1.5%〜6%くらいで分配金がもらえます。1円から投資できますので、少額からの投資をしたい人向き。
  • オーナーズブック :3ヶ月に1回分配金がもらえるので収入を増やしたい人におすすめ。1万円から投資でき、利回り4〜5%くらい。

合わせて読みたい

-つみたてNISA

Copyright© しゅふろぐ , 2019 All Rights Reserved.