しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

ジュニアNISA

ジュニアNISAにおすすめの証券会社はSBI証券&おすすめの銘柄紹介

更新日:

投資初心者
ジュニアNISAについて知りたい。ジュニアNISAにおすすめの証券会社はどこだろう?ジュニアNISAでおすすめの銘柄は何かな?

こういった疑問に答えます。

与党の令和2年度税制改正大綱が発表され、ジュニアNISAの新規の口座開設を2023年までとし、令和6年1月1日以後は払い出しできるようになるそうです。

私は今までジュニアNISAの18歳まで引き出しできないというデメリットが気になり、ジュニアNISAはやっていませんでしたが、5年後には自由に引き出しできるということなので、利用を検討しようかなーという気分になってきました。

そんなわけで、今回は私がジュニアNISAについて調べたことをまとめていきたいと思います。

また、もし私がジュニアNISAを利用するなら、どんな銘柄を購入したいと思っているかも書いています。

銘柄選びの参考にしてみてくださいね!

ジュニアNISAで米国株・ETFへ
\投資したいならSBI証券がおすすめ/

ジュニアNISAにおすすめの証券会社はSBI証券

ジュニアNISAの取扱商品

ジュニアNISAで投資できる商品をまとめると以下になります。

  • 株式投資信託
  • 国内上場株式
  • 海外上場株式
  • 国内ETF
  • 海外ETF
  • ETN(上場投資証券)
  • 国内・海外REIT
  • 新株予約権付社債(ワラント債)

このようにジュニアNISAのサイトには書いてありましたが、ジュニアNISAの口座を開設する証券会社によって取扱商品は違うみたいです。

SBI証券 のジュニアNISAの取扱商品は

  • 国内株式(現物取引)
  • 投資信託
  • 海外上場株式

となっています。

ジュニアNISAの証券会社比較

SBI証券によると、ジュニアNISAで海外株式や海外RTFを取扱しているのは SBI証券 だけみたいです。

ジュニアNISAで米国株や海外ETFなどに投資したいのであれば SBI証券 一択という選択になりそうですね。

ジュニアNISAで米国株・ETFへ
\投資したいならSBI証券がおすすめ/

ジュニアNISAでのSBI証券の手数料

またSBI証券では海外ETFの買い付け手数料は無料です(売るときには手数料かかります)

そのため手数料で考えるのであれば、米国の個別株よりも海外ETFがいいのかもしれませんが、米国株については、NISA口座の場合外国税額控除の適用が受けられないそうです。

そのため最低でも10%の税金は引かれてしまうので、完全に非課税にすることはできません。

なので、完全に非課税にしたい方は国内株式に投資するといいのかもしれません。

楽天証券のジュニアNISAの取扱商品

楽天証券 では、ジュニアNISAの取扱商品は

  • 国内株式(現物取引)
  • 投資信託

となっていました。

国内株式や投資信託に投資するのであれば 楽天証券 でもいいでしょう。

しかし 楽天証券 では、海外株式・ETFには投資できないので、海外へ投資したければ楽天証券ではなく SBI証券 にしましょう。

ジュニアNISAで米国株・ETFへ
\投資したいならSBI証券がおすすめ/

ジュニアNISAの投資におすすめの銘柄

私がもしジュニアNISAを使って投資するのであれば「これを買うな〜」と思っている投資商品を書いておきます。(自分のためにも)

ジュニアNISAで国内株式に投資におすすめの銘柄

選んだ基準は、配当利回りがよいか株主優待の利回りがよいものを選びました。

銘柄名 株価 最低
投資額
配当
(配当
利回り)
株主優待 優待
利回り
NTTドコモ(9437) 3,028円 302,800円 120円
(3.96%)
株主優待はなし -
オリックス(8591) 1,849円 184,900円 76円
(4.11%)
カタログギフト5,000円相当
3年以上で10,000相当のカタログギフト
2.7%
KDDI(9433) 3,160円 316,000円 110円
(3.48%)
3,000円相当のカタログギフト
継続保有5年以上で5,000円相当にグレードアップ
0.95%
JT(2914) 2,501円 250,100円 154円
(6.16%)
株式継続保有1年以上で3,500円相当の商品 1.40%
日本BS放送(9414) 1,083円 108,300円 20円
(1.85%)
ビックカメラ商品券1,000円×2回
1年以上で8月に追加で1,000円分もらえる
1.85%
千趣会(8165) 435円 217,500円 - 500株でお買い物券4,000円相当×年2回
1年以上1,500円相当、2年以上2,000円相当、3年以上3,000円を12月末のみ追加
3.67%
トリドール(3397) 2,821円 282,100円 12.5円
(0.44%)
4,000円相当株主優待券×年2回
200株以上を1年以上保有で年2回ともに3,000円相当を追加
2.84%
ダイコク電機(6430) 1,711円 171,100円 40円
(2.38%)
3,000ポイント
1年以上で3,300ポイント
1.78%
JPホールディングス(2749) 294円 147,000円 3.9円
(1.33%)
500株で株主優待ポイント2,500ポイント
1年以上で2,750ポイント
1.7%

ジュニアNISAは配当金や利益への税金がゼロになるので、できれば高配当な銘柄に投資する方が、ジュニアNISAのメリットを享受できる気もしますね。

株主優待で選ぶよりも、高配当かで選ぶ方がありな気がしてきました。

ジュニアNISA完全に非課税にしたいなら国内株式への投資がおすすめ!米国株や海外ETFに投資するならSBI証券で始めよう

ジュニアNISA

ジュニアNISAで米国株や海外ETFに投資できる証券会社は SBI証券 だけです。

米国株や海外ETFに投資したいのであればSBI証券でジュニアNISAの口座開設をしましょう。

しかしNISA口座の場合、外国税額控除の適用が受けられないため、米国株や海外ETFに投資すると最低でも10%の税金は引かれてしまいます。

完全に非課税にしたい方は国内株式に投資するといいのかもしれません。

ジュニアNISAでは国内の高配当銘柄や、株主優待が魅力的な株に投資するという使い方が1番いいのかもしれませんね。

ジュニアNISAで米国株・ETFへ
\投資したいならSBI証券がおすすめ/

合わせて読みたい

-ジュニアNISA

Copyright© しゅふろぐ , 2020 All Rights Reserved.