しゅふろぐ

投資と節約で人生を豊かにするブログ

おすすめの投資

【ロボアド比較】ほったらかし投資のおすすめは?

更新日:

ほったらかし投資
投資初心者
投資をやりたいけど、投資って色々勉強しなくちゃいけないし、面倒くさい。何もしなくてもいい投資ってあるのかな〜?

そんな面倒くさがりだけど、資産運用したいという方におすすめなのがロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーとはお金を預けたらAIが自動で資産運用を行ってくれるサービスです。

入金するだけなので超簡単。

投資って何?投資信託ってどうやって買うの?って人でも簡単に資産運用を始められます。

今回は代表的なロボアドバイザーを比較してみます!

ロボアドを始める前に

ロボアドバイザーを始める前に、どのように投資をすれば損をしないのかをちゃんと理解しましょう。

投資初心者の投資方法の基本は次の3点です。

  • 分散投資する
  • 積立する
  • 長期投資する

簡単にいうと、長期で色々な金融商品にコツコツ積立投資するということですね。

短期で一気に儲かる方法はない、、というか難しいと思うので、初心者の方は大人しく長期で積立投資を選びましょう。

リターンが高いということはそれだけリスクも高いです!!

大切なお金を失わないためにも、リターンには時間がかかるけどリスクも低いという投資がおすすめです。

ロボアドは勝手に分散投資してくれるので、あとは長期間積立投資をしていくようにしましょう。

ロボアドバイザーとは?

「資産運用はしたいけど、どの投資信託を選べばいいかわからない」という方にピッタリなのがロボアドバイザー。

ロボアドバイザーとは、パソコンやスマホの画面上からいくつかの質問に答えることにより、資産規模やリスクの許容度をコンピュータープログラムで自動的に判定し、自分に最適な資産運用を行ってもらえます。

パソコンやスマホから簡単に診断してもらえるので、投資とかよくわからないよーという方でも手軽に利用できます。

評判のロボアドバイザー

  • ウェルスナビ:運用者数No,1の人気ロボアドバイザー。税負担を自動的に下げてくれる「DeTAX」機能がある。最低10万から始められる。
  • THEO(テオ):ウェルスナビよりもさまざまなETFに分散投資してくれる。最低1万円から始められる。
  • 楽ラップ:楽天証券が運営するロボアドバイザー。投資信託で運用される。最低10万から始められる
  • フォリオ:日本企業の株に分散投資できる。テーマを選んで投資する。約10万円から始められる

それでは詳しく特徴を見てみましょう。

ロボアドバイザー

ウェルスナビは、預かり資産・運用者数ともにロボアドバイザーの中でNo.1という実績があるので信頼できそうですよね。

ウェルスナビが運用するETFは投資に詳しい人の中でも有名なETFで、これまでも十分なリターンが得られているETFなので安心してお金を預けられますよ。

ウェルスナビにしかない機能で、税金の最適化サービス「DeTAX」(デタックス)というものがあります。

分配金の受け取りやリバランスなどにより生じる税負担が一定額を超えた場合、含み損が発生している資産を売却することで税金の負担を軽くしてくれるのです。

税負担が軽くなるのはうれしいですね。これはウェルスナビだけの機能です!

ウェルスナビはアプリもあり、入金・資産の確認・積立・出金とすべての作業をアプリで完結できるのも手軽でいいですよ。

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi Inc.無料posted withアプリーチ

ウェルスナビのポイント

  • 10万円から始められる
  • 税金の最適化サービス「DeTAX」(デタックス)
  • これまでも十分なリターンが得られているETFで資産運用するので安心できる
  • 配当金ももらえる
  • 手数料が1%かかる
  • 含み損が出る場合がある

THEO(テオ)

THEO(テオ)

THEOは1万円から資産運用を始められます。少額から始めてみたい方にはおすすめです。

そしてウェルスナビよりもさまざまなETFに分散投資してくれるので、細かく分散投資したい方に向いていると思います。

また、リバランスの回数も多いので手数料を払っているかいがあるなーと思います。

自分で資産運用しているとしなかなか決断しにくい損切りもちゃんとしてくれます。

10万円以下で始めたい人はTHEOをおすすめします!

THEOのポイント

  • 1万円から始められる
  • さまざまなETFに分散投資する
  • 配当金ももらえる
  • 手数料が1%かかる
  • 含み損が出る場合がある

楽ラップ

楽ラップ

楽ラップは楽天証券がやっているロボアドバイザーですね。

ウェルスナビ、THEOがETFで資産運用していますが、楽ラップは投資信託で資産運用します。

楽ラップは手数料が「固定報酬型(0.702%)」と「成功報酬併用型」の2つの手数料コースがあります。

固定報酬型の場合1%以下(0.702%)なので、ウェルスナビやTHEOよりも手数料は安いですね。

楽ラップにはTVT機能がついています。

TVT機能は、暴落が起こり暴落がしばらく続くなーと判断されると、株式の投資信託を売って債券の投資比率を上げることで損失を抑えようとしてくれる機能があります。

このTVT機能は他にはない機能ですし、損失をなるべく抑えたい人には向いていますね。

楽ラップのポイント

  • 10万円から始められる
  • さまざまな投資信託に分散投資する
  • 配当金は再投資されるので出ない
  • 手数料が1%以下(0.702%)なので他のロボアドより安い
  • TVT機能あり
  • 含み損が出る場合がある

Folio(フォリオ)

Folio(フォリオ)の口座開設の流れ

フォリオとは、企業ではなく「テーマ」で選んで、日本の会社の株を買うというサービスです。

どのテーマも10万円前後から投資できます。

各テーマはフォリオが選定した10社の有望企業で構成されていて分散投資されています。

定期的にリバランスもしてくれたり、テーマを売却するタイミングをお知らせしてくれるサポートなどもあります。

フォリオは日本の企業への投資です。

1つの国だけに投資するのはリスクが高くなるため、地域の分散という意味でも他のロボアドバイザーと併用したほうがいいと思います。

フォリオのポイント

  • 10万円から始められる
  • 日本の企業に投資する
  • テーマを選んで投資する
  • テーマを売買する時に0.5%の手数料がかかる
  • 含み損が出る場合がある

さぁロボアドバイザーで投資を始めよう!

気になるロボアドバイザーはありましたか?

もし興味を持ったロボアドバイザーがあった場合は、さっそく始めてみましょう。

投資は始めたいと思った時が始める時です!

未来の相場がどうなるのかなんて誰にもわかりませんし、タイミングを見計らっても、なかなか相場を読むことはむずかしいです。

そのためタイミングを図るよりも、タイミングを考えなくていい積立投資で始めていきましょう。

ロボアドバイザーは積立設定できるものが多いので、簡単に積立投資できますよ。

そして投資を始めると、含み損がでてくることもあると思います。

しかし、含み損がでてもすぐに売却してしまわないことです!

投資は長期で考えることが大切です。

値下がりしたとしても売却しなければ実際の損失にはなりません。

そのため値下がりしても焦って売却せず、再び値上がりするのを待って損失を回避しましょう

【ロボアド比較】ほったらかしできる投資はどれがおすすめ?【投資初心者向け】のまとめ

ほったらかし投資

ロボアドバイザーでの投資は本当に簡単なので、初心者の方でも簡単に始めることができますよ。

ロボアドバイザーで投資を始めてみるとAIがどのように資産運用していくか実際に学ぶことができるので、これから投資について勉強しようと思っている方にもおすすめですよ。

ロボアドバイザーでほったらかし投資を始めてみましょう!

\ほったらかし投資で1番簡単!/

おすすめの資産運用の記事です

合わせて読みたい

-おすすめの投資
-,

Copyright© しゅふろぐ , 2019 All Rights Reserved.