しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

おすすめの資産運用

分配金がもらえるおすすめの資産運用【配当金生活をしよう♪】

更新日:

配当金
投資初心者
配当金や分配金がもらえる投資ってどんなものがあるの?

こういった疑問に答えます。

配当金や分配金がもらえる投資は色々なものありますが、私が経験した投資方法だと以下になります。

それぞれ利回りは違いますので、これから詳しく各投資サービスの違いを紹介していきたいと思います。

\簡単に投資できて分配金がもらえる/

OwnersBook

配当金・分配金がもらえるおすすめの資産運用

今はいろいろな投資サービスがでてきていて、資産運用も簡単に行えるようになってきました。

今回は分配金・配当金がもらえる資産運用サービスをご紹介します。

しゅふ
私が実際に試してみたものだけを紹介しますので、信憑性はあると思いますよ〜
  1. オーナーズブック:1回投資すれば運用が終わるまで何もすることがないので簡単。3ヶ月に1回分配金がもらえる。最低投資金額は1万円。利回り4.5%くらい
  2. THEO:入金するだけで自動で資産運用してくれるので簡単に投資ができる。最低投資金額は1万円。分配金の利回り1.6%くらい
  3. ウェルスナビ:入金するだけであとは自動で資産運用してくれるので簡単。最低投資金額は10万円。分配金の利回り1.3%くらい。
  4. 個別株:個別に企業の株を買うので初心者には難しいかもしれない。配当金利回りは企業によって違う。

分配金利回り4.5%簡単投資 オーナーズブック

オーナーズブック

利回り高い度
分配金利回り 4.5%
最低投資金額 10,000円
特徴 分配金の利回りは高めで簡単に投資できる

オーナーズブック とはお金を借りたい会社(借り手)とお金を運用して増やしたい人(貸し手)を結びつけるサービスのソーシャルレンディングというサービスの1つです。

ソーシャルレンディングというサービスの中ではオーナーズブックの利回りは低めなのですが、それでも4.5%ありますので分配金をもらって収入を増やしたいという方にはピッタリのサービスです。

私の場合は多い時でソーシャルレンディングの7,000円くらいの分配金収入がありました。

ソーシャルレンディングで気をつけないといけないのは投資先がお金を返せないとなると、自分が投資したお金が戻ってこない場合があるということです。

そのため安全に投資するためにも信用できるソーシャルレンディング会社を選ぶことが大切です。

その点 オーナーズブック は一番信頼できる会社なので安心して大丈夫です。

なぜオーナーズブックが信頼できる会社なのかといいますと、

  • 全ての投資案件に不動産担保がついている。
  • 担保の75%くらいまでしか募集を行わない、
  • 上場企業で黒字経営

オーナーズブック ではすべての投資案件に不動産担保がついていますし、担保も余裕をもって募集しているため、何か起きた時でも担保の不動産を売ってお金が作れるので、元本の回収ができることが多く安全性が高いです。

そして、オーナズブックの運営会社はソーシャルレンディングの中では珍しく黒字経営です。

黒字経営なので倒産する可能性は低いといえるでしょう。

ソーシャルレンディングは元本が戻ってこないというリスクがありますので、絶対に信頼できる会社で行いましょうね!

\分配金がもらえる!/

分配金利回り1.6%で自動で資産運用 THEO

THEO(テオ)

利回り高い度
分配金利回り 1.6%
最低投資金額 1万円
特徴 AIが自動で資産運用してくれる

THEO とはお金を預けたら自動でETFの売買を行ってくれるサービスです。

利回りは運用しているポートフォリオにもよると思いますが、私の場合はTHEOの分配金利回りは1.6%でした。

合わせて読みたい

THEO の分配金利回りは1.6%とそんなに高くないですが、THEOは市場平均に投資をするETFを利用していますので、あまり分配金がもらえないのはしかたなかのかなと思います。(ETFはあまり分配金の利回りはよくない)

THEOは自動で資産運用してくれますし、1万円という少額から資産運用を始めることができますので、資産運用に手間をかけたくないけど分配金も少しはもらいたいという方にはピッタリですよ。

\ 無料診断は1分でできます /

THEO

分配金利回り1.3%で自動で資産運用 ウェルスナビ

利回り高い度
分配金利回り 1.3%
最低投資金額 10万円
特徴 AIが自動で資産運用してくれる

ウェルスナビ とはお金を預けたら自動でETFの売買を行ってくれるサービスです。

ウェルスナビはAIが勝手に資産運用してくれ、こちらとしてはお金を入金するだけでとても簡単。

分配金の利回りは運用しているリスク許容度によっても変わってきますが、私のウェルスナビの分配金実績によると利回り1.3%でした。

合わせて読みたい

ウェルスナビ はETFで資産運用を行っているのですが、ETFというのは分配金の利回りはそんなによくないので、ウェルスナビの利回りが低いのもしょうがないかなと思います。

とはいえ、ウェルスナビは自動で資産運用してくれますし、10万円という少額から資産運用を始めることができますので、資産運用に手間をかけたくないけど分配金も少しはもらいたいという方にはピッタリですよ。

\無料診断は1分で完了しますよ/

また10万円から始めるのは難しい方は、 SBIネオモバイル証券 WealthNavi for ネオモバで申し込めば1万円から始められますよ。

少額からウェルスナビを始めたい方は SBIネオモバイル証券 のWealthNavi for ネオモバがおすすめです。

\Tポイントで株式投資できる/

SBIネオモバイル証券

配当金利回り〜8%でも難易度高い 個別株

個別株

利回り高い度
配当金利回り 〜8%
最低投資金額 企業による
特徴 配当金の高い企業を選べば利回りは高くなりますが、自分で企業を選んで投資するので難易度高い

個別株とは、自分で投資する企業を選びその企業の株を購入することです。企業を選んで、自分で株を購入するということで、資産運用の初心者には難しいと思います。

しかし、配当金の利回りの高い企業を選べば8%とかの企業もありますので、それなりに配当金がもらえます。

個別株は、1つの企業にしか投資をしないことになり、その企業が傾いてしまったら結構なダメージを受ける可能性が高いですね。あまり初心者にはおすすめしません。そして、利回りの高さだけで、個別株に投資するのはやめておいた方がいいですね。

資産運用を少し経験して、自分で考えて投資をしたいなーという人は挑戦してみましょう。楽しいと思いますよ。

個別株をしたいのであれば米国株がおすすめです。米国株は途中暴落などはあれど、右肩あがりできていますので、もし株価の下落があっても時間とともに回復する可能性が高いからです。

ちなみに私は米国株の個別株を購入しているのですが、米国株の実績を「米国株の配当金/分配金の実績まとめ【2018】」のページでまとめましたので興味のある方はご覧ください。

2018年は2万円分くらいの配当金・分配金収入がありました。

\個別株ならSBI証券がおすすめ/

分配金がもらえるおすすめの資産運用【配当金生活をしよう♪】のまとめ

お金の増やし方教えてください

今回紹介した配当金・分配金がもらえる資産運用方法をまとめると以下になります。

  1. オーナーズブック:1回投資すれば運用が終わるまで何もすることがないので簡単。3ヶ月に1回分配金がもらえる。最低投資金額は1万円。利回り4.5%くらい
  2. THEO:入金するだけで自動で資産運用してくれるので簡単に投資ができる。最低投資金額は1万円。分配金の利回り1.6%くらい
  3. ウェルスナビ:入金するだけであとは自動で資産運用してくれるので簡単。最低投資金額は10万円。分配金の利回り1.3%くらい。
  4. 個別株:個別に企業の株を買うので初心者には難しい。配当金利回りは企業によって違うが、高い企業を選べばそれなりにもらえる。

自分がどうやって投資をしたいのかを見極めてから、どの投資方法にするかを決めるといいと思いますよ。

配当金や分配金が入金されるとうれしい気分になれますので、収入を少しでも増やしたい人にはおすすめです。

\簡単に投資できて分配金がもらえる/

OwnersBook

投資初心者におすすめの記事です

合わせて読みたい

-おすすめの資産運用
-, , ,

Copyright© しゅふろぐ , 2019 All Rights Reserved.