しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

↓ 検索はこちらから ↓

クロス取引(つなぎ売り)

クオカードの使い道【クロス取引でいっぱい貯まる】

更新日:

クオカードの使い道
投資初心者
クロス取引やっているといっぱいクオカードが貯まるけど、どうやって消化しよう?クオカードの使い道教えて下さい。

こういった疑問に答えます。

クオカードの使い道をまとめると以下になります。

1番おすすめは「コンビニで使う」です。

どうしてかというと、セブンネットを使ってネットで好きなものを購入し、店舗払いにしてクオカードを使うとかなり色々なものを購入できるからです。

そんなわけで今回はクオカードの使い道をまとめていきたいと思います。

クロス取引やるなら必須の証券会社
\信用取引の手数料0円・貸株料1.4%/
クロス取引ならSMBC日興証券がおすすめ!

» クロス取引で日興証券がおすすめの理由

コンビニでクオカードを使う

クオカードをコンビニで使う

コンビニで何か買う時に使えます。

1番おすすめの使い方はセブンイレブンのオンラインショップ セブンネット を使う方法です。

セブンネットでは店頭払いが選べ、店頭ではクオカードが使えます。

セブンネットでの注文でも、店頭払いを選べばクオカードで支払いができるのです。

セブンネットでは、本やCD、DVD、Switch本体、付属品、Switchのソフトなどなんでも売っています!

セブンネットを使うとより使い道が広がりますよ。

またセブンネットは各ポイントサイト経由もできますので、ポイントサイト経由すればよりお得に購入できます♪

ポイントサイト名 還元率
モッピー 5%
ECナビ 4.2%
ポイントインカム 3.5%
楽天リーベイツ 3%
ライフメディア 3%

還元率は2020年7月の率です。変更になってるかもしれないので、利用前にご自身で調べることをおすすめします。

通常楽天ポイントが貯まるので
\楽天ポイント投資にも利用できておすすめ/
Rebates: 楽天リーベイツのお買い物でポイント高還元

Rebates: 楽天リーベイツのお買い物でポイント高還元

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

本屋でクオカードを使う

クオカードを本屋で使う

クオカード使えるお店は本屋が1番多いと思います。

しかしうちの家の近くのイオンにある本屋は使えませんでした。

自分が使おうと思っている本屋がクオカード対応しているかも調べた方がよいですね。

ドラッグストアでクオカードを使う

クオカードをドラッグストアで使う

使えるお店は少ないですがドラッグストアで使えます。

1番店舗数が多くて色々な場所にありそうなのはマツモトキヨシですかね。

日用品の節約にいいですね!

外食でクオカードを使う

クオカードを外食で使う

お店は少ないですが外食でも使えます。

デニーズはセブンアンドアイホールディングスが運営していますが、株主優待がないのでちょうどよいですね。

デニーズで外食したい人はクオカードを集めるとよさそうです。

ガソリンスタンドでクオカードを使う

クオカードをガソリンスタンドで使う

上記のガソリンスタンドで使えますが、クオカード使えるお店は限られています。

家の近くのガソリンスタンドがクオカード対応しているか調べましょう!

しゅふ
ちなみにうちの近くにはクオカード支払いできるガソリンスタンドはありませんでした😂

ホテルでクオカードを使う

クオカードをホテルで使う

ディズニーのオフィシャルホテルで使えますので、ディズニー好きにはいいのかもしれませんね。

ディズニー好きならクロス取引でクオカード貯めまくって、タダでディズニーリゾートオフィシャルホテルに泊まるとかもよさそうですよね

クオカードの使い道はセブンネットがおすすめ!好きなものが買える!

クオカードの使い道

クオカードの使い道をまとめると以下になります。

1番おすすめは「コンビニで使う」方法です。

セブンネットを使ってネットで好きなものを購入し、店舗払いにしてクオカードを使うとかなり色々なものを購入できますよ!

セブンネット は、本やCD、DVD、Switch本体、付属品、Switchのソフトなどなんでも売っています!

この使い道でいけば、クオカードの使い道に悩むこともないはずです!

ぜひ試してみてくださいね♪

クロス取引やるなら必須の証券会社
\信用取引の手数料0円・貸株料1.4%/
クロス取引ならSMBC日興証券がおすすめ!

» クロス取引で日興証券がおすすめの理由

合わせて読みたい

目次へ戻る

クロス取引におすすめの証券会社ランキング

SMBC日興証券

クロス取引ならSMBC日興証券がおすすめ!

クロス取引では手数料を安くすることが大切ですが、 SMBC日興証券 信用取引の手数料が最安の0円なので、手数料削減にとても有利です。

その他にも、管理料が無料だったり、貸株料が1.4%と安かったりとクロス取引の手数料を節約できる仕組みがいっぱいあるからです。

手数料安くクロス取引したい人にとってはSMBC日興証券が最適解になります。

また、私の感覚的な感想ですが、一般信用の在庫も他社と比べても豊富な方だと思います。

クロス取引で沢山株主優待をゲットしよう!と思っているようでしたら、口座開設必須の証券会社ですよ!

楽天証券

楽天証券

楽天証券もクロス取引には外せません!

現物と信用合わせて1日50万円までなら売買手数料が無料なので、株価の安いものでしたら売買手数料が無料でクロス取引できます。

また楽天証券は、無期限と短期の一般信用があり、無期限の一般信用だと貸株率1.1%とSMBC日興証券よりも貸株料が安いです。

1日信用というものがあり、それを使うと現物株を安く手に入れられますし移管手数料も無料なので、現物株を取得するためにも口座は持っておくと便利ですよ。

SBI証券

SBI証券[旧イー・トレード証券]

SBI証券も1日50万円までなら売買手数料が無料です。

しかも現物50万円、信用50万円までとそれぞれ50万円まで売買手数料が無料のため、楽天証券よりも売買手数料を抑えることができます。

SBI証券は短期の一般信用しかないので貸株率が3.9%と高めです。

そのためか、他の証券会社で在庫がない銘柄でもSBI証券には在庫がある時もあります。

SMBC日興証券や楽天証券の無期限で取れなかったけど、どうしてもクロスしたい!という時に重宝しますので、口座開設しておいて損はないと思います。

-クロス取引(つなぎ売り)

Copyright© しゅふろぐ , 2020 All Rights Reserved.