しゅふろぐ

資産運用と節約でお金を増やすブログ

クロス取引(つなぎ売り)

GMOクリック証券でのクロス取引のやり方・手順とメリット・デメリット

更新日:

GMOクリック証券のクロス取引のやり方
投資初心者
GMOクリック証券でクロス取引はどうやってやればいいのだろう?

こういった疑問に答えます。

GMOクリック証券 は、レア銘柄があったり、他社では売建の在庫がない時でも在庫がある時もあったので、口座開設しておいて損はない証券会社です。

GMOクリック証券は基本的には「短期」の一般信用しかないです。

そしてSBI証券と同じ日に短期の一般信用がスタートしますので、「SBI証券と同じ」と覚えておけばわかりやすいかと思います。

GMOクリック証券でクロス取引する方法は他社と同じように3ステップです。

  1. 売建の確保して注文
  2. 現物株を購入
  3. 現渡

GMOクリック証券 クロス取引している人はまだまだ少ないので狙い目だと思います!

私は2月に他社では全然取れなかったベクトルをGMOクリック証券でクロスしましたし、6月には他社では売建一般信用がでてこなかった「藤田観光」をGMOクリック証券でクロスしました。

このようにGMOクリック証券は他社と比べるとクロス取引目的で利用している人がまだ少ないのかもしれません。

またレア銘柄がでてくる可能性もあるので口座開設していて損はないですよ。

色々な株主優待をゲットしたい方は、ぜひGMOクリック証券でも口座開設してみましょう!

クロス取引目線でのGMOクリック証券のおすすめポイント

クロス取引をするという視点で GMOクリック証券 のメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • 一般信用の在庫が取りやすい
  • レア銘柄の在庫がある時もある
  • GMOグループ会社の株主優待を利用すれば一定額まで手数料がキャッシュバックされる

デメリット

  • 手数料が高い
  • 一般信用の短期しかないので貸株料が高くなる

メリット:GMOクリック証券は一般信用の在庫が取りやすい

在庫が取りやすい時もある

GMOクリック証券 は手数料が高いからか、他社では在庫がない時でも在庫がある時もあります。

そのため他社ではすぐに在庫がなくなっていたものが、GMOクリック証券でクロスできる時があります。

私が他社で取れなくてGMOクリック証券でクロスできた銘柄一覧は以下になります。

  • 2月「ベクトル」
  • 4月「正栄食品工業」
  • 6月「サツドラ」
  • 6月「GENKY Drug Store」
  • 6月「藤田観光」
しゅふ
SBI証券や楽天証券に比べると口座を持っている人が少ないから在庫があるのかな?とか思っています。(予想ですが・・

クロス取引では、GMOクリック証券は狙い目だと思います。

\レア銘柄がある時もある/
GMOクリック証券

メリット:レア銘柄の在庫がある時もある

レア銘柄がある時もある

GMOクリック証券 他社では扱っていないレア銘柄の在庫がある時もあります。

最近だと6月に「藤田観光」の一般信用がありました。

他の証券会社では藤田観光の在庫でてきてませんでした。(まだ楽天証券の短期が始まってないのでもしかしたら楽天ではでてくるかもしれないですが)

このようにたまにレア銘柄の在庫がでてきたりするので、取りこぼししたくない!という人は GMOクリック証券 でも口座開設するといいですよ。

メリット:GMOグループ会社の株主優待を利用すれば一定額まで手数料がキャッシュバックされる

GMOの株主優待で手数料をキャッシュバック

GMOグループ会社の株主優待に GMOクリック証券 の売買手数料が無料になる株主優待があります。

SBI証券 楽天証券 は50万円までなら売買手数料無料、

それを利用すると、手数料が一定額までキャッシュバックされますので、売買手数料を気にすることなくGMOクリック証券でクロス取引ができます。

デメリット:手数料が高い

売買手数料が高い

SBI証券 楽天証券 は50万円までなら売買手数料が無料、 SMBC日興証券 は信用取引なら手数料無料です。

しかし、 GMOクリック証券 は必ず売買手数料がかかります。

普通にクロス取引していると、結構手数料がかかると思います。

しかし、前述したようにGMOグループ会社の株主優待を使えば、一定額まで手数料がキャッシュバックされますので、問題ないかと思います。

6月・12月のGMOインターネット(9449)はクロスしやすいので、株主優待目的でクロスしておくのがおすすめです。

\レア銘柄がある時もある/
GMOクリック証券

デメリット:一般信用の短期しかないので貸株料が高くなる

貸株料がかかる

GMOクリック証券 の一般信用は基本的には「短期」しかありません。

短期だと貸株料が年利3.85%となりますので、貸株料はかかってくることになります。

そのためなんでもGMOクリック証券でクロスするのではなく、高めの貸株料を払ってでも欲しい銘柄に使うとよいと思います。

GMOクリック証券のクロス取引の概要まとめ

GMOクリック証券 のクロス取引の概要を表にしてまとめました。

説明
現物取引の手数料 〜10万円:税込96円
〜20万円:税込107円
〜50万円:税込265円
〜100万円:税込479円
〜150万円:税込580円
信用取引の手数料 ~10万円:税込97円
~20万円:税込143円
~50万円:税込187円
50万円超:税込264円
信用買方金利 制度信用:年利 2.75%
現引きする場合に必要となる。
信用取引で買い翌日に現引きすると株の購入手数料が安くすむ
信用取引貸株料 一般信用:(無期限)年利0.80%
     (短期) 年利3.85%
売建を保有している間に発生する
管理費 1ヶ月ごとに1株あたり11銭(税込)最低110円かかる。
一般的に信用取引では建日から1カ月毎に管理費が発生する

スクロールできます

GMOクリック証券 は、無料で取引できるという制度がないので売買手数料は高いです。

しかしGMOグループ会社の株主優待を使えば、一定額まで手数料がキャッシュバックされますので、GMOグループ会社の株主優待をクロスすれば問題ないですよ。

GMOクリック証券でクロス取引する方法・手順

GMOクリック証券 でクロス取引する方法・手順を画像つきで詳しく解説していきます。

  1. 売建の注文
  2. 現物株を注文(もしくは買建→現引で現物株ゲット)
  3. 現渡
\レア銘柄がある時もある/
GMOクリック証券

GMOクリック証券の売建の注文方法

GMOクリック証券でクロス取引する方法・売建の確保

GMOクリック証券 のマイページにログインします。

ヘッダーメニューから「株式」をクリックし「一般売」ボタンをクリックします

検索から自由に検索します。

わからない場合は「今月の優待銘柄」をクリックすると、その月の優待銘柄で売建在庫があるものが一覧ででてきます。

クロスしたいという銘柄があれば「銘柄名」をクリックします。

GMOクリック証券でクロス取引する方法・売建の注文方法2

注文方法は以下になります。

  • 口座:特定
  • 取引区分:一般信用
  • 注文タイプ:通常
  • 売買区分:売
  • 取引数量:株数を入れる
  • 指値/成行:成行にチェック入れる
  • 執行区分:なし
  • 有効期限:当日

暗証番号を入れて、確認省略にチェックいれたら「注文確定」ボタンを押したら完了です。

GMOクリック証券の現物株の注文方法

GMOクリック証券で現物株の注文方法

GMOクリック証券 のマイページにログインします。

買う株の銘柄ページへいきます。

注文方法は以下になります。

  • 口座:特定
  • 取引区分:現物
  • 注文タイプ:通常
  • 売買区分:買
  • 取引数量:株数を入れる
  • 指値/成行:成行にチェック入れる
  • 執行区分:なし
  • 有効期限:当日

暗証番号を入れて、確認省略にチェックいれたら「注文確定」ボタンを押したら完了です。

GMOクリック証券の現渡のやり方

GMOクリック証券の現渡の方法

GMOクリック証券 のマイページにログインします。

メニューから「株式」をクリックします。サブヘッダーメニューの「信用建玉」をクリックします。

現渡する銘柄の「返済」をクリックします。

GMOクリック証券の現渡の方法

以下のように注文します。

  • 全数量をクリック
  • 取引区分:現渡

暗証番号を入れて、確認省略にチェックいれたら「注文確定」ボタンを押したら完了です。

GMOクリック証券の現引のやり方

現引とは、1回信用取引で買建した後に、実際に株式を買い戻して現物の株式を取得することをいいます。

下記は GMOクリック証券 の現物株式の売買手数料と信用取引の売買手数料を比較したものです。

〜10万円 〜20万円 〜50万円 〜100万円
現物株取引 96円 107円 265円 479円
信用取引 97円 143円 187円 264円

表を見てわかるとおり、10万円以上になると信用取引の方が売買手数料が安いです。

そのため10万円以上の現物株を取得する際に「現引」を行うと、少し手数料を節約することができます。

現引の手順をまとめると以下のとおりです。

  1. 買建で注文
  2. 現引

この2ステップでOKです。

簡単なので、現物株を取得する際は現引の利用をおすすめします。

現引の手順1:買建で注文

GMOクリック証券の買建の注文方法

GMOクリック証券 の買建したい銘柄のページへいきます。

下記のように設定します。

  • 口座:特定
  • 取引区分:制度信用(一般信用でもいいけど制度信用の方が金利が安い)
  • 注文タイプ:通常
  • 売買区分:買
  • 取引数量:株数を入れる
  • 指値/成行:成行にチェック入れる
  • 執行区分:なし
  • 有効期限:当日

取引暗証番号入れて、確認省略にチェック入れたら「注文確定」ボタンを押します。

これで買建は完了です。

現引の手順2:現引する

GMOクリック証券の現引のやり方1

買建の注文が通ったら GMOクリック証券 のマイページにログインします。

メニューから「株式」にマウスオーバーすると、さらにメニューが出てくるので「信用建玉」をクリックします。

現引する銘柄の「返済」をクリックします。

GMOクリック証券の現引のやり方2

「全数量」をクリックします。

取引区分を「現引」にします。

取引暗証番号を入れて、確認省略にチェックを入れたら「注文確定」を押します。

これで現引は完了です。

GMOクリック証券はレア銘柄がクロスできたり、他社に在庫がない時に使えるので口座開設して損はない!

GMOクリック証券のクロス取引のやり方

GMOクリック証券 は、レア銘柄があったり、他社と比べて競争率が高くない場合もあるので狙い目です。

私は2月に他社では全然取れなかったベクトルをGMOクリック証券でクロスしましたし、6月には他社では売建一般信用がでてこなかった「藤田観光」をGMOクリック証券でクロスしました。

クロス取引で株主優待を最大限にゲットするには、色々な証券会社を利用し、売建の在庫があればそこでクロスするというのも大事だと思います。

もしまだGMOクリック証券の口座開設をしていないようでしたら、この機会に口座開設しておくといいですよ!

\レア銘柄がある時もある/
GMOクリック証券

合わせて読みたい

-クロス取引(つなぎ売り)

Copyright© しゅふろぐ , 2020 All Rights Reserved.